ecサイトの作成について

ecサイトを作成する狙い

商品をインターネット上のウェブサイトで販売するecサイトですが、実際の店舗だけで販売を行うことと比べてどのような狙いがあるといえるでしょうか。一番の狙いは販売可能な地域を広げることが出来るということです。インターネット上のウェブサイトであれば、日本全国どこからでも閲覧することが可能です。店舗を訪れることが出来る人は限られてしまいますが、ウェブサイトであれば遠方の人にも販売するチャンスが得られることになります。

ecサイトで利益は増えるのか

ecサイトを作成することで利益は増えるのでしょうか。利益は売り上げから経費などの出費を引いたものですが、経費を減らせるという点は間違いないでしょう。実際の店舗であれば、定員の人件費や電気代などがかかりますが、ウェブサイトを作成してしまえばそれらの費用は減らせることができます。そのため、ecサイトと実際の店舗での売り上げが全く同じだったと仮定すると、利益に関してはecサイトを作成したほうが増えるといえるでしょう。

ecサイトでの注意点

ecサイトを作成するのにも費用はかかりますが、これは実際の店舗の開店する費用に比べれば少ないため、それほど問題ではありません。一番注意すべき点は「認知させられるかどうか」です。実際の店舗であれば、そこを通る人などはお店の存在に気づいてくれます。つまり店舗がそこにあるということ自体が多少の広告効果があるのです。しかしインターネット上のウェブサイトは作成しただけでは誰も存在を知ってくれません。購入以前に誰もお店に来ないという状況にならないように、どうやって認知させるかということを考える必要があります。

ecサイトとは、自社の製品やサービスの販売を目的とする、独自運営のウェブサイトであり、ecサイト構築のため、ASPやパッケージなど、様々なサービスがあります。