増え続ける風評被害の対応策

ネット社会が生み出す風評被害とは

風評被害とは、根も葉もない噂により経済的な被害を受けたり、非難を受ける対象とは別のものが攻撃されてしまうこと等を意味しています。掲示板やブログなどへの誹謗中傷の書き込みが発見された場合には、それによる被害が拡大しないためにも風評被害対策が必要になります。掲示板などへの書き込みは世界中の人が観覧できてしまうためダメージも多く広がるのも早いので、対策することは精神的な安定を図るうえでも大事なものになってきます。

対応策の流れや相談機関

誹謗中傷の書き込みを発見した場合、まずその内容を確認してから、掲示板等のURLをコピーして控えます。内容も印刷するなどして保存しておきましょう。そして、多くの場合トップページに問い合わせ先が記載してありますので、内容と削除依頼を送信します。それでも削除されない時は、法務局や地方法務局が掲示板を管理するプロバイダ等に対して削除を依頼する方法や、事案にあった適切な助言を行っていますので活用するのが良いでしょう。

書き込みした加害者の特定はできるのか

唯一、加害者を特定できるプロバイダはプライバシーがあるとして、加害者の情報を開示しないことが多く解決は困難を極めていました。しかし、プロバイダ責任法が制定されたことによって、権利を侵害する情報を発信した者の情報の開示請求ができるようになりました。これにより、風評被害の解決件数は格段に多くなっています。これが拡散されていくことによって、風評被害も少なくなり安心できるネット社会が築いていけるのではないでしょうか。

誹謗中傷対策は、匿名掲示板を管理している人やプロパイダ業者に、悪口の削除を依頼することから始めましょう。