子供用のトロフィーをもらう時、注文に際しての注意

厳しく接するばかりが能ではない

 子供には大人がルールを教え、厳しく指導する必要があります。危ない遊びをしている子がいたら、叱りつけて言うことを聞かせねばなりません。 しかし、厳しく接するばかりでは、相手から反発を受けるのは確実で、あまり好ましい結果を得られません。 子供は褒めて伸ばすこともまた必要なのです。 そのためには、スポーツの大会などで上位入賞を果たした子供に、トロフィーを渡すというのは、有効な教育法だと言えます。分かりやすい形で褒めてあげることも大切なのです。

どのような形状が好まれるか

 子供がトロフィーをもらう時となれば、その形状に注目が集まる傾向にあります。これは大人であれば、単純に成績の方に目が行くのですが、子供の場合はサッカーの大会で優勝したのだから、トロフィーの形もサッカーボールのそれを模したものがよいと考えるものだからです。 そういう意味からすれば、トロフィーには大会名や順位、日付なども記載しておく必要があります。 これは業者に注文しておけばしてくれるため、忘れないでするようにしましょう。

注文期限に対しての注意

 凝ったトロフィーを渡せば、子供は喜ぶのですが、当然ながらその制作には時間がかかることになります。急に決まった大会でもない限り、日程は決まっているものなので、ギリギリにならないようにしましょう。 近くにその手のものを取り扱っている業者がなく、その辺の事情が分からないという人は、インターネットをチェックしてみましょう。ネットからトロフィーを注文できるようにしている業者は近年増えているため、そこで制作を頼むこともできます。

トロフィーの種類には、カップや柱がデザインされたもの、ガラスやアクリルなどで作られた盾タイプ、スタイリッシュなデザインのクリスタルトロフィーなどがあります。